2009年07月19日

富士山アタック E 下山

R0019400
RICOH GR DIGITAL II

さぁ下山開始。

山頂の急な超天候も下山していくうちに晴れ間が見えてきました。

R0019404
RICOH GR DIGITAL II

登山で一番大変なのは下山です。
体力も限界なのに、なんで登ったのを降りなきゃならないのかw

DSC_4805_213
Nikon D40 + AF-S DX VR18-200

須走口名物の砂走り 急な坂を一気に下れます。
でも足下は砂(火山灰?)かなり足を取られてスゴくしんどい。

DSC_4818_218
Nikon D40 + AF-S DX VR18-200

富士山はゴツゴツの岩ばかりで綺麗じゃないし
登る山じゃなくて鑑賞する山だよってよく言われます。僕も前まではそう思ってました。

今回登って富士山は、やっぱ登る山だという事を再認識させられました。

しんどいからこそわかることもある。

日本の頂きに行く事に価値がある。

岩肌は険しく木々も生えてないハゲ山だけど
富士山の頂上に登らないと見れない綺麗な景色がある。

ぼくは、Mじゃないですよ。たぶん・・w


posted by PECE at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雲と雲とサンドイッチ面白いですね^^
山頂の着いてゴールじゃないですもんね〜
M気質の方が向いてるかもですねw
Posted by ハコ at 2009年07月20日 20:19
あははっw
M気質のほうが向いてるかもですね。
とりあえず下界に降りてきたときの安心感。
たまらないです。
Posted by PECE at 2009年07月20日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。